中元すず香 まとめ 2006年

中元すず香に関する情報は可憐Girl’sからBABYMETALまでネット上に数多(あまた)あるが、不正確な記述が多く彼女の実像を正しく伝えては居ない。そこで中元すず香ファンの役に立つ正確な情報を提供することを目的とした記事を執筆した。

このまとめは彼女の歌手としてのキャリアを辿って、その真の姿を描き出す狙いで構成している。モデル活動についての情報は趣旨から外れるので割愛させていただいた。

まとめは年度別ページになっていて、中元すず香が行った歌手活動の殆どを網羅している。姉の中元日芽香、さくら学院メンバーなど関連する人物のエピソードにも折にふれ言及した。特に名前を記してない場合は中元すず香についての記事である。

多くの資料から出来るだけ正確な情報を取り出して執筆したが、間違いが発見されるかもしれない。その際はページ上部の「問い合わせフォーム」から知らせていただくと有難い。 参考資料

babdai_2003_suzuka1-2 suzuka_nakamoto-zasshi1
キャンペーンガール(3歳) 雑誌モデル
中元すず香は容姿も優れており、幼少時からモデルとして活動していた。モデルとしてのキャリアは3歳時に2002年バンダイ ジュエルドロップのコンテストでグランプリ(2001年開催)を獲得してからで、子供向けコスメ商品のキャンペーンガールをしていた。後年になりイベントで池袋サンシャインシティー噴水前広場へ出演したことで、上記コンテスト当日に同じ場所で歌った事を思い出した。

中元すず香の歌手キャリア

「小さい頃からお店のBGMに合わせて歌って踊っていて夢中になって迷子になることが度々あった」と、対談で話した中元すず香は本当に歌や踊りが好きな人だ。

彼女の歌手キャリアは出身地の広島県にある芸能スクール『アクターズスクール広島』(以後ASHと省略)入学から始まった。

時間軸を縦軸にし、エピソードを横軸にして彼女の実像を描き出してみたい。

2006年3月某日

ASHの入学オーディションが実施された。審査内容は歌・ダンス・演技で、歌は必須でダンスと演技の何れか一方を受験する仕組み。

中元すず香はこれを姉の日芽香と共に受け、合格。この時の合格者70名のうち15名が選抜され、後日開催された奨学金獲得を争うスカラーシップオーディションへ進む事となった。尚、日芽香はこの試験を通過できなかったが同年秋の試験に合格、ASH生となった。入学試験の約1ヵ月後、下記の奨学金オーディションが開催された。

日付  2006年3月26日 イベント  アクターズスクール広島 公開オーディション
’06アルパーク・スカラシップ
会場 アルパーク
年齢 8歳3ヶ月 学年 小2
(second grade)
詳細 グランプリ (アルパーク賞)受賞
副賞として奨学金40万円を獲得
所属クラスはAクラス

エピソード:中元すず香はメランコリニスタを歌いグランプリに輝いた。

当時の会場の様子

オーディション当日の会場(haruhisa様より)

スカラーシップ(奨学金)オーディションは、2006年春の入学生70名から選抜された15名で争われた。
副賞の40万円は丁度ASH1年分の費用に相当し、1年間の奨学生扱いになっていた。

審査員は3名(ダンスクリエイターのMORI先生/ASH。新人アーティスト開発室 今村明美さん(ASH演劇コース特別講師)/アミューズ。会場となったアルパークの代表者さん)


グランプリの中元すず香さんは、3歳からモデルをしているそうで、ダンスも歌も抜群で、即アミューズ・キッズになってもおかしくない逸材だと思います。
haruhisaって? 様より

このイベントを目撃されたharuhisaさんに、初見にして『逸材』と言わしめた中元すず香。事前情報無しで見た僅か8歳の子供に将来性を感じるほど、最初から特別な人だったということか。そして、時を経ずして予想通りアミューズキッズへ加入する事になる。現場にはharuhisaさん以外にも『逸材』と思った方々が居たのだろう。

日付 2006年5月某日 イベント  株式会社アミューズと契約
年齢 8歳5ヶ月 学年 小3 詳細  アミューズキッズに加入した。

エピソード:上記オーディション後、毎週末に広島から東京のスタジオまでレッスンに通っていた。

※契約時期については二つの説がある。スカラシップ・オーディションの場で即契約説と、オーディションの1ヵ月後・計4回のレッスンを受けてから契約したとする説である。こだわっても、しょうがないので両論併記とした。何れにしても、ごく早い時期からアミューズに期待されて居たことは確かだろう。

ASHとアミューズ

芸能スクールのアクターズスクール広島(ASH)と芸能事務所の株式会社アミューズは提携しており、ASHは講師の派遣などを受けていた。

ASH出身者のアミューズ入りはPerfumeの3名に続き中元すず香が4名目だったが、5人目は2012年?の杉本 愛莉鈴まで待たなければならなかった。その後はこの記事を書いた2014年末まで一人もアミューズ入りしていないので、提携先とはいえアミューズへの入社チャンスは少ないということが分かる。

日付 2006年9月17日 イベント アクターズスクール広島発表会
2006 AUTUMN ACT
会場 アステールプラザ大ホール
年齢 8歳8ヶ月 学年 小3 詳細 ソロ・オーディション合格 メランコリニスタを歌う
所属クラスはAクラス

エピソード:ASHでは毎年・春と秋に発表会を開催しており、レッスン生は所属クラスでの出演のほか、ソロやユニットのオーディションに合格するとステージに上がることが出来た。中元すず香はソロオーディションに挑戦して合格したという事になる。

中元日芽香もアクターズへ

これに先立ちアクターズスクール広島・秋季入学試験が実施され、姉の中元日芽香が入学し姉妹で通うことになった。

所属クラス

中元すず香は姉と同じ一つ上のAクラス所属となった。

「歌は好きだけどダンスは嫌いで、姉の日芽香と一つ上のクラスに入ったら自分だけ年下でダンスについていけなかった」と、この頃の思い出を雑誌で語っている。

3月の「スカラシップオーディション」でグランプリを獲得したすず香ちゃんがさっそくの登場。小3にして、堂々としたステージは大物感を漂わせます。
スクランブルエッグ 様より

目の肥えたアイドルファンの方から、早くも高評価を受ける。この公演では天使のコスプレで登場した。


続き 中元すず香 まとめ 2007年