中元すず香 まとめ 2007年

日付 2007年3月11日 イベント アクターズスクール広島発表会
2007 SPRING ACT
会場 アステールプラザ中ホール
年齢 9歳2ヶ月 学年 小3 詳細 ソロ・オーディション合格 光る道を歌う。
ユニット Lancers 強い気持ち・強い愛を歌う
ユニット Tween(日芽香と) 個人授業を歌う
所属クラスはAクラス

エピソード:中元すず香はオーディションでソロ出演を勝ち取った。ユニットにも担ぎ出されて大忙しだったが、早くも頭角を現し次々とオーディションに合格してゆく。アクターズスクールでは特に言っていないが、ASH在籍中の抜きん出た実績からエース格の扱いだったと思われる。

アクターズスクール広島(ASH)の発表会に出演する方法は4通りあり、クラス出演以外は全て審査に合格した者だけがステージに上る。
このまとめを年度毎に見てゆくと分かるが、中元すず香は参加可能な回では審査に合格している。この事からも、どれほど彼女が秀でているかは論を待たない。
(条件は年度により変更あり・下記は2014年度)
クラス出演 2曲 所属クラスの全員
ユニット・オーディション 合格者のみ
ソロ・オーディション 合格者のみ
P企画(プライベート・自主的に行う企画) 合格者のみ

【動画】2007年3月11日 「光る道」(9歳2ヶ月)

 

「光る道」は廣重綾の歌。アニメ『ソニックx』のエンディングテーマ曲。YouTubeに当時10歳の廣重綾が歌う原曲の動画があるので比較してみるのも一興。偶然にも廣重綾(1992)と中元すず香(1997)は同じ12月20日生まれ。

2006年春は惜しくも入学できなかった姉の日芽香(後に乃木坂46入)は2006年秋に合格しASH入り。翌2007年春のユニット・オーディションも通過し、姉妹で仲良くデュエットを披露した。(下の動画)

【動画】2007年3月11日 Tween 「個人授業」

 

同じユニットで別のオーディションにも挑戦しており、すず香の姉想いが滲む。(下の動画)

【動画】 この頃、イベントのステージ出演者を選ぶオーディションで歌う中元姉妹。

 

日付 2007年9月16日 イベント アクターズスクール広島発表会
2007 AUTUMN ACT
会場 アステールプラザ大ホール
年齢 9歳8ヶ月 学年 小4 詳細 ユニット VIVACE Big Bang Romanceを歌う
ユニット 一番星 ハッピー☆を歌う
所属クラスはAクラス

エピソード:2012年度さくら学院転入生の杉本 愛莉鈴がKIDSクラス(幼稚園児)からAクラス(小学校低学年)入。中元すず香と同クラスとなった。同じユニットで歌う機会もあり、さくら学院で杉本が中本を頼りにしていたのは良く分かる。

「Big Bang Romance」は野宮真貴 loves m-floの歌
「ハッピー☆」は音源が無いため特定できず


続き 中元すず香 まとめ 2008年(1/2)